印象が変わる!黒目の位置の合わせ方

黒目の位置は真ん中にくるように

メガネを合わせる時、似合っていないと感じてしまう人の多くが黒目の位置がうまく合っていないと言われています。特に黒目の位置がうまくフィットしていないと、間抜けな印象になったり違和感が強くなってしまうので注意が必要です。
ではメガネをかけた場合の黒目の位置はどこが望ましいのかというと、実は真ん中だとされています。丁度レンズの真ん中に黒目が来るように合わせると全体のバランスが整いますし、見た目のコンプレックスも解消することができると言われています。ちなみにレンズより黒目が上にあると少し頼りないような疲れたような印象になるとされているほか、黒目の位置が下に下がり過ぎてしまうと間抜けな印象が強くなってしまうようです。

目の向きも考えながら黒目の位置を合わせることが大切

このように黒目の位置を真ん中にすることでメガネをフィットさせることができるのですが、実際にどのように合わせればいいのかわからないという人も少なくありません。そこで重要なポイントとなってくるのが、目の向きです。
人は目の位置が外側や内側のどちらかに寄っていることが多く、それによって若干黒目の位置も異なってきます。そのため黒目の位置を合わせようとしても、目の向きによってはどうしてもうまく合わせられないということも出てきます。
例えば目が外側に寄っている人の場合は、ブリッジサイズが広めなメガネを選んだ方がより黒目を中心に寄せやすくなるようです。また目が内側に寄っている人はブリッジサイズを小さめのものにした方が、黒目の位置もバランスよく中心にすることができます。