知ってると選びやすい!フレームの種類

メガネフレームの形状について

メガネのフレームにはいくつか種類があるため、どれが良いのか迷ってしまう場合も多いでしょう。もしそうならどのような種類があるのか、またはその特徴などを頭に入れておけば選ぶ時の参考になります。
まず丸みを帯びたフレームが好きなら、オーバルやボストン型と呼ばれるタイプを選んでみると良いでしょう。前者は卵を横にして二つ並べたようなフレームです。後者は逆三角形になっていますが、それぞれの角が丸くなっています。どちらも柔らかみのある印象を与えられるメガネフレームだと言われています。もっと丸いフレームが欲しいなら、ラウンド型を購入してみるのも良い方法です。こちらはまん丸なフレームで、どこかユニークな印象があります。
それに対して角張ったものが良いなら、ウェリントン型というメガネフレームがあって、こちらは定番の形だと言われることも多いです。それよりももっと長方形にしたものがスクウェア型です。

素材とリムにもこだわっておきましょう

形状によって見た目が変化しますが、メガネフレームに使用されている素材によってもかなり印象が変化します。
まずセルフレームと呼ばれるものですが、これはセルロイドという素材で作られていたからこう呼ばれています。しかし最近ではプラスチックで作られていて、色の種類が豊富なのが特徴です。
それ以外のものだとメタルで作られたフレームがあります。アルミなどでできたフレームの場合はとても軽いです。他にもチタンなら丈夫ですし、形状記憶合金の場合はメガネがねじれてもすぐに元の状態に戻ります。さらに上記に挙げた二つの素材を組み合わせたコンビフレームも売られています。
そしてリムについてですが、通常はレンズを囲って固定しています。ところが上もしくは下半分しかないナイロールもあります。加えてリムがないものまであり、レンズに穴を開けて固定しています。